1. ホーム
  2. カードローン
  3. ≫おまとめローン審査でおすすめはどこ?通りやすいとこはあるのか?辛口で書きました!

おまとめローン審査でおすすめはどこ?通りやすいとこはあるのか?辛口で書きました!

おまとめローンの審査って凄い厳しいイメージがありますよね?普通に申込しても絶対通らないようなイメージが。

確かに10万円や20万円を貸すとは違い、100万円以上の高額融資になりますので、審査はフリーローンよりも厳しくなって当然です。

でも、おまとめローン審査って、通りやすい人と、通りにくい人がいるって知ってますか?

多分、おまとめローンの審査に全く通らない人は、業者から見たとき、「こいつには貸したくねえ」と思われる人です。

では、おまとめローンを貸したい人と貸したくない人の違いってなんなのか?おまとめローンの審査について辛口ですが、ガチで書いていきたいと思います。

おまとめローン審査に通りやすい人は1件の借入額が多い人

まず、単純な話ですが、おまとめローンの審査に通りやすい人は、1件あたりの借入額が大きい人です。

例えば、総額150万円の借金がある人でも、A社80万円、B社70万円の2社から借入している人と、A社50万円、B社30万円、C社30万円、D社20万円、E社20万円の5社から借入している人では、圧倒的に前者の方が審査に通りやすいです。

その理由は、借入件数が少ない方が、信用が高いと思われるからです。前者の場合は、A社から80万円の限度額で借りています。逆に言えば、その人は80万円借りれる信用がA社にはあると言う事です。

これはあくまでも信用情報からしか分かりませんので、本当は何年もかけて増額して80万円の限度額になったのかも知れません。もしくは、A社としては80万円も貸したくなかったのに、トラブルで80万円まで上がってしまったのかもしれません。

しかし、おまとめローン審査をする側はそんなことは分かりません。ただ信用情報に出ている他社の限度額の大きさで、申込者の信用を計っているのです。

逆に、後者の5社から150万円を借りている人は、審査する立場から見れば、かなり必死な印象を受けます。

きっと1社目は50万円で審査が通ったけれど、2社目から50万円では貸せない与信が出て、30万円を2社から借りたのかと考えます。

普通、誰でも1社で借りれるだけ借りたいと思うものです。1社だけであれば、契約も1回ですし、返済も毎月1回で済みます。複数社借りている人は、それだけ信用が少なく、他社で貸してくれなかった証明になってしまうのです。

おまとめローンは今借りている業者の方が審査に通りやすいです!

これも普通に考えれば分かることですが、おまとめローンを申込するとき、多くの人は新しいカードローンに申込しますが、これって審査にめっちゃ不利になるって知ってますか?

まず、おまとめローンの審査で重要になるのは、それだけ多くの金額を融資して、完済になるまで返済できるか、顧客の返済能力が最も重要視されます。

150万円や200万円を一括完済できる、清算能力があったとしても、返済能力がなければ、すぐに潰れてしまいます。

その返済能力を見極めるのは今までの取引履歴(入出金履歴)になるのです。

しかし、今まで借りたことも無いところにおまとめローンを申込しても、その取引履歴が無いため、この人は返済能力があるのか?きちんと期日を守って返済をする人なのか、審査する方は分からないのです。

今は信用情報で直近の支払い状況も分かりますが、あくまで直近1年未満ですし、なぜ支払が遅れたのかなどの理由は分かりません。

今借りている業者であれば、融資をしてから現在までの借入・返済の履歴がすぐに分かり、仮に延滞した時に、連絡があったのか、無かったのかさえも分かります。

貸金業法では顧客との交渉記録を保存する義務があります。交渉記録とは、電話や書面などのやり取りも含むすべての事です。

もし、延滞した時にカードローン会社に電話をしたのならば、いつ、何時に、どちらから、どのような手法で連絡があったのか、対応した社員の名前と、会話の内容を記録しなければなりません。

延滞するときは必ず自分から、業者に連絡を入れた方が良いと言われるのはこのためです。

もし追加でお金が必要になったときの増額審査や、一度完済後に再び融資を受ける、再貸審査の時、これらの情報によって融資の可否や、限度額に大きな影響を与えます。

おまとめローン審査もこれと同様です。もし、今借りているカードローンがおまとめローンの商品を出しているのならば、まず申込するのは、借りている業者です。

金利が低くて魅力的な業者もあるかもしれませんが、それは2番目に申込しましょう。

審査に通りやすいとこから申込した方が、信用情報の申込件数も増えずに有利になります。

借りているとこにおまとめローンが無かったらどうすればいいのか?

おまとめローン審査で一番有利なのは、今現在借りているカードローンと説明しましたが、もし借りているカードローンにおまとめローンがなかったらどうすればいいのか?

理想を言えば、おまとめローンを扱っているカードローンにまずは、フリーローンで申込して、融資を受けましょう。

そして最低3ヶ月は支払いをきっちりをした後に、おまとめローンを申し込みするのが理想です。

しかし、おまとめローンを探している人は、多重債務者になっているケースが多く、そもそも、新たな借入は総量規制オーバーで出来ない可能性があります。

その時は、新規のカードローン業者に申込するしかないのですが、先ほども言ったように、信用情報の見た目で、おまとめローンの審査は大きく影響を受けます。

そのため、もし10万円や20万円の小口借入があるのであれば、まずはそこを増額融資で完済できないか、業者に確認してみましょう。

そしてできるだけ件数を減らしてからおまとめローンを申込することをおすすめします。

今すぐにおまとめしたい人にとっては厳しい事ですが、それぐらいおまとめローンの審査は非常に通りずらいのが現実なのです。

おまとめローンは破滅への道?失敗したら終わります

借入件数が多くなり、支払いが厳しくなると、おまとめローンに行く人が多いのですが、おまとめローンは非常に危険なローンです。言うなれば最後の砦になっています。

今は総量規制もあり、過剰貸付禁止の空気がありますので、おまとめローンを借りた後は、それ以上他のカードローンからお金を借りることは不可能になります。

そもそも、おまとめローンとは、毎月の収入と支払いを正確に書き出し、その中でいくらなら余裕を持って返済できるか、綿密な返済計画を立てて実行するものです。

おまとめローンを組んだ後に、追加で借入がしたいとなっている時点で、もう返済計画は失敗しているのです。

そうなると、後は自己破産か債務整理の道しかありません。昔のグレーゾーン金利の頃は、過払い金によって負債が圧縮しましたが、今はグレーゾーン金利が無くなりましたので、150万円を借りていれば基本的に150万円を返さなければなりません。

但し、金利(利息)は0%になります。残っている残元金を数年で分割返済していくのです。

その分割金の支払いさえも厳しければ、残る道は自己破産だけです。

このように、おまとめローンは支払いが楽になると安易に考えて、気軽にまとめる人がいますが、融資を受けられる最後のチャンスだということを自覚して、5年返済であればその5年間は節約して、返済最優先にする覚悟が必要になります。

おまとめローン審査のおすすめは実際どこなのか?

ここまでおまとめローンについて良い事を書いていませんが、おまとめローンの全てが悪いと言っているわけではありません。

きちんと計画的に利用すれば、毎月の返済額が減り、苦しかったローン返済が一気に楽になる人もいます。

では、おまとめローン審査におすすめなカードローン業者はどこなのか?と言う事ですが、その前に、けっこう勘違いされている人が多いので、おまとめローンのことを少し説明します。

おまとめローンを扱っているのは消費者金融と一部の銀行だけです!

おまとめローンと言うのは、使途自由のフリーローンとは違い、他社完済だけに利用するローンになります。

そして、そのおまとめローンを取り扱っているカードローン業者は下記だけです。

おまとめローン取扱業者 商品名 金利 限度額
プロミス おまとめローン 6.3%~17.8% 300万円
アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン 7.7%~18.0% 300万円
アイフル おまとめMAX 3.0%~17.5% 800万円
東京スター銀行 スターワン乗り換えローン 年12.5% 1000万円

あれ?おまとめローンで調べると、もっと沢山のカードローンが出てくるのに?と疑問に思うかもしれませんが、「おまとめ専用ローン」として商品があるのは、上記の4社程度なのです。

他のカードローンに関しては、「フリーローンだけれど、おまとめローンとして利用しもいいですよ」と言っているだけで、商品はあくまでフリーローンなのです。

銀行でおまとめした!と言っている人がたまにいますが、東京スター銀行のおまとめローン以外は、ほとんどがフリーローンなので、その人がおまとめに使っただけです。

銀行のフリーローンは消費者金融よりも金利が低くなっているので、おまとめとして利用できるならば、した方が良いのですが、100万円以上の高額融資になると、新規申込でほとんど審査に通ることは厳しいです。

仮に申込時におまとめローンとして利用したいと言ったところで、使途自由のフリーローンの審査をします。

消費者金融のおまとめローンは、各社の残高を調べて、利息分と元金の合計金額しか融資されませんし、消費者金融会社によっては、顧客に融資すると他に使ってしまう可能性があるため、業者が直接、カードローン会社の口座に振込して完済させるケースもあります。

このように、銀行のフリーローンとおまとめ専用ローンでは、審査も大きく違ってきます。

今まで、おまとめローンはどこでも取り扱っていると思っている人は間違いです。それはただ単にフリーローンの審査を受けているだけなのです。

おまとめローンとフリーローンはどこが違うのか?

おまとめ専用ローンとフリーローンはどう違うのか?実は、決定的な違いがあります。

それは、おまとめローンは途中での追加借入ができないことです。

カードローンは決められた限度額内であれば、追加融資が受けられます。仮に50万円の限度額で残高が30万円ならば、残り20万円はカードや振込で借りられます。

しかし、おまとめローンは返済方式が元利均等返済や元利定額返済方式になっていますので、住宅ローンや自動車ローンのように、毎月決まった金額を完済まで払うだけです。

当たり前と言えば、当たり前なのですが、今までカードローンで毎月多少は借入をしてきた人にとって、借入ができないのはかなりの不安材料になるはずです。

これはデメリットとも言えますが、おまとめローンのメリットとも言えます。

おまとめローンは必ず完済できるローンになっている

なぜ、追加借入ができないのがメリットかと言えば、カードローンで返済してすぐに1万円など追加借入をしている人は、利息しか払っておらず、元金は減っていません。

そのため、同じことをずっと繰り返せば一生借金は無くならないのです。

しかし、おまとめローンは追加借入ができません。毎月返済をすればかならず元金は減り、返済シュミレーション通りに支払いすれば、いつに完済するのかも、はっきりと分かるのです。

カードローンは気軽にコンビニなどの提携ATMで借りれるのが大きなメリットですが、気軽に借りれることで、なかなか借金が減らずに苦しむ人が多くいます。

中には10年間ずっとカードローンの支払いをしていも、残高が無くならない人もいます。入金して追加可能額が出れば、すぐに借りてしまうからです。

このように、おまとめローンは本当に完済したい人にとっては、メリットある商品になっている一方、安易に手を出してしまうと、逆に借金が増えて返済不能になる、怖い可能性を含めています。

参考になったらシェアをお願いします。