北日本銀行カードローン「アスモ」は学生でも借りれるのか?

北日本銀行カードローン

東北地方岩手県には第二地銀が1行ありますが、それが北日本銀行です。

第二地銀ではありますが、同じ岩手県の地方銀行である東北銀行よりはるかに規模は大きくなっています。

青森県と秋田県には第二地銀が無いので、北東北地方で唯一の第二地銀になります。北日本銀行には「アスモ」というカードローンがあります。

北日本銀行カードローンアスモの利用条件は?

利用条件は北日本銀行の営業エリア内に在住か、勤務して定期収入があれば良く、パート・アルバイトの他、年金生活者も利用でき、専業主婦でも配偶者に安定収入があれば借入が可能です。

ただ、パート・アルバイト、年金生活者、専業主婦は利用限度額が30万円までに限定されます。

なお、利用限度額が100万円までは収入証明書は不要です。申込は一般的なカードローン同様、ホームページや電話、FAX、郵送、店頭窓口から行えますが、アスモはその他、北日本銀行のATMからも申込ができるようになっています。

貸出限度額は500万円、金利は4.5~14.8%ですが、適用される金利は審査によって決められます。

金利の内容は利用限度額100万円以下が7.0%・10.0%・14.8%、100万円超200万円以下が6.5%・9.5%、200万円超300万円以下が6.0%・9.0%、300万円超400万円以下が5.0%・8.0%、400万円超500万円以下が4.5%・7.5%となっています。

低い方の金利に設定された場合はかなりお得な金利になります。

審査には再審査制度が備わっており、最初の審査は保証会社のきたぎんユーシーで行いますが、審査に通らなかった場合は保証会社をオリエントコーポレーションやSMBCコンシューマーファイナンスに換えて、2社同時に同一の申込内容で再審査を行うことができます。

借入は北日本銀行及び提携金融機関のATMを利用する方法と、インターネットバンキングから北日本銀行口座に振り込んでもらう方法があります。

約定返済は北日本銀行口座からの引き落としになりますが、引き落とし日は6日・16日・26日の中から都合の良い日を選択できます。

約定返済額は借入残高が10万円以下の場合に2千円で、以降借入残高が50万円までは残高が10万円増えるごとに約定返済額が2千円ずつアップします。

そして、50万円超100万円以下は2万円になり、以降残高が100万円増えるごとに約定返済額が1万円ずつアップします。なお、任意返済として、ATMや店頭窓口、ネットバンキングから入金ができます。

ところで、アスモには自動融資サービスがセットされており、ATMからの引き出し時、または公共料金やクレジットカード利用代金の決済時に口座残高が不足していた場合は、不足額がアスモから自動融資されます。

北日本銀行カードローンの利用条件には、学生可とは明記されていませんが、安定収入があって20歳以上なら学生でも借りれれる可能性は充分にあります。

しかし、地銀デメリットの営業エリア内に住んでいるか、勤務の条件がありますので、遠方からの申込みには対応していません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です