楽天スーパーポイントを楽天市場以外で使用する方法とは?

現在、多くの企業や店舗などからポイントの付帯サービスが提供されていますが、中でも汎用性の高い3大共通ポイントと言われているのが「Tポイント」、「Pontaポイント」、「楽天スーパーポイント」です。

その内、楽天スーパーポイントは「楽天市場」で利用できるという利便性がありますが、利用者の中には楽天市場以外でもポイントを使いたいという人がいます。

ネットサイト以外での利用となると、実店舗での買い物やサービスに利用するということになります。

コンビニでの利用はできるの?

実店舗での利用ということでは、日常の買い物に使えるコンビニとの提携が必須条件になります。

その点では、Tポイントはファミリーマート、Pontaポイントはローソンで使用できますが、楽天スーパーポイントにはマイナーなポプラやスリーエイトしかありません。

実は過去、サークルKサンクスで使用できたのですが、サークルKサンクスがファミリーマートに統合されたため、楽天スーパーポイントを使用できなくなりました。

そのため、ポイントの実店舗での活用ということでは、TポイントやPontaポイントに劣ると言われても致し方ありません。

ポイントカードを使って実店舗で買い物

楽天スーパーポイントの使える大手の提携店と言えば、マクドナルド、ミスタードーナッツ、くら寿司、PRONTO、大丸、松坂屋、ツルハドラッグ、くすりの福太郎、紳士服コナカ、ジョーシン、出光SS、キグナス石油です。

上記の店舗で利用するためには、「楽天ポイントカード」が必要になりますが、楽天ポイントカードは提携店で無料で配付されています(店舗ごとのオリジナルデザイン)。

受領した楽天ポイントカードのカード番号をホームページから登録すると、楽天IDと楽天ポイントカードが紐づけされてすぐに利用可能になり、全ての提携店での買い物でポイントが付与されたり、逆にポイントを支払いに充当したりすることができます(1ポイント:1円)。

なお、楽天ポイントカードにはスマホアプリもあり、カードタイプと同様に使えるため、スマホアプリをダウンロードすると、カードを持ち歩く必要が無くなります。

ちなみに、買い物の支払いは「期間限定ポイント」から先に充てられるため、利用範囲の狭い期間限定ポイントを消化させるのが非常に楽になりました。

電子マネー・楽天Edyにチャージして実店舗で買い物

楽天スーパーポイントを電子マネーの「楽天Edy」に交換すると(1ポイント:1円)、利用可能店舗が大幅に増えます。

当然、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど、すべてのコンビニで支払いに使うことができ、イトーヨーカドーやサミット、マルエツなどのスーパー、及び多くの専門店・飲食店でも支払いに充てられます。

楽天Edyカードはコンビニで購入できます(300円、楽天ポイントカード併用タイプ)。チャージは以下の手順で行います。

①申込ページから、チャージ先の楽天Edyを選択し、ポイント数を入力します。
②チャージしたEdyをEdyギフトで受け取るとチャージ完了です。

なお、楽天Edyのスマホアプリをダウンロードして利用することもできます。

①スマホアプリのトップ画面で「ポイントチャージ」をタップします。
②ポイント数とパスワードを入力し、「チャージする」をタップすれば終了です。

ちなみに、期間限定ポイントや提携サイトから交換されたポイントは楽天Edyにチャージできません。

ギフトカード・ジェフグルメカードなどに交換

楽天ポイントカードも楽天Edyも持ちたくないという人には、「JCBギフトカード」や「ジェフグルメカード」などの商品券に交換するのがおススメです。

交換は楽天市場にある金券ショップ「商品券販売センター」で商品券の購入代金をポイントで支払うだけです。

①楽天市場のホームページから「商品券販売センター」のページを開きます(検索を利用すると簡単)。
②交換したい商品券を選択し、「買い物かごに入れる」をクリック⇒「ご購入手続き」をクリックします。
③「お支払い方法」と「配送方法」を選択します(お支払い方法には楽天ポイント払いの項目がないため、いったん「楽天バンク決済」か「銀行振込」を選択しておきます。次のページでポイント払いに変更できます)。
④ポイント利用「変更」をクリック⇒「全てのポイントを使う」にチェックを入れます(「一部のポイントを使う」にチェックを入れて、使いたいポイントだけ利用することも可能)。
⑤「注文を確定」をクリックして購入が完了です。

株主優待券に交換

楽天のフリーマーケットアプリに「ラクマ」がありますが、ラクマには色々な企業の株主優待券が出品されており、楽天スーパーポイントで購入することができます。

「購入手続き」の画面で、ポイントを指定するだけで済みます。株主優待券を入手すると、当該企業の特典や割引サービスなどを受けられます。

楽天証券で投資信託の購入

近年は景気が回復基調にあることから株価が値上がっており、株式投資が増加しています。

楽天グループには証券会社の楽天証券がありますが、実は2017年8月から楽天スーパーポイントでもって楽天証券の投資信託「ひふみプラス」を買えるようになりました。最低購入単位は100円なので、100ポイントから投資を行うことが可能です。

株式投資をしている人、株式投資に興味のある人には最適なポイント活用になります。

楽天銀行の振込手数料代わりに利用

楽天銀行を利用している場合は、振込手数料に楽天スーパーポイントを充てることができます。

①ログイン後、「振込・支払」のタブから振込の手続きを行います。
②振込内容の確認画面で「ポイントを利用する方」を選択し、利用ポイント数を入力します。

上記の他にも、楽天スーパーポイントで「ふるさと納税」をしたり、「楽天Pay」にチャージして提携店で支払いに充てたりすることができます。

学生ローンってぶっちゃけどうなの?メリットとデメリットは?

学生の人がお金を借りる時に、考えるのは学生ローンの存在です。学生ローンと検索すると、学生を専門にした小さな消費者金融会社が何社も出てきます。

しかも聞いたことがあまり無い東京だけで営業をしている、消費者金融です。金利を見ると、一般的な消費者金融よりも安い金利になっていますが、ぶっちゃけこの学生ローンってどうなの?と思いませんか?

そこで、大手消費者金融と、学生ローンを出している中小消費者金融のメリットとデメリットについて書いていきます。

学生ローンのメリットは?他との違いはどこなのか?

学生ローンの一番のメリットは、ズバリ金利です。

学生ローン実質年率
イー・キャンパス14.5%~16.5%
キャンパス14.4%~16.8%
アミーゴ14.4%~16.8%
友林堂12%~16.8%
マルイ12.0%~17.0%
フレンド田15.0%~17.0%
カレッヂ15.0%~17.0%
アイシーローン18.0%~20.0%
トーエイ18.0%
上記は学生ローンの金利一覧ですが、アイシーローンとトーエイ以外は上限金利が17%以下になっているので、大手消費者金融よりも低金利になっています。

また、イーキャンパスについては、本人確認書類が運転免許証なら16.0%、キャンパスは女性の学生なら15.6%、アミーゴは内定者の人は15.6%、収入証明書があれば16.2%まで金利引下げを行っています。

大手消費者金融実質年率
プロミス4.5%~17.8%
アコム3.0%~18.0%
モビット3.0%~18.0%
アイフル3.0%~18.0%
レイクALSA4.5%~18.0%
ノーローン4.9%~18.0%
大手消費者金融の上限金利と比べると、その金利の低さが分かると思います。

金利は下限金利(最低金利)~上限金利(最高金利)の表示になっていますが、見るのは右側の上限金利だけでOKです。なぜなら、消費者金融の場合、100万円未満を借りたときに設定される金利は99%上限金利になるからです。

そのため、プロミスなら17.8%、それ以外の消費者金融なら18.0%の金利でしか借りることができません。

それを考えると、イーキャンパスの16.5%(運転免許証があれば16.0)や、キャンパスやアミーゴの女性の学生・就職内定者の15.6%はかなり低い金利と言うことができます。

学生ローンのデメリットはなに?

学生ローンは金利は確かに安いのですが、大きなデメリットがあります。それは入出金の利便性が非常に悪いと言うことです。

大手消費者金融ならば、コンビニの銀行ATMはもちろん、多くの金融機関とATMを提携しており、いつでもどこでも借入・返済ができるようになっています。また、スマートフォンから操作できる会員専用ページは、ほぼ全ての変更や申込みが出来、非常に便利です。

しかし、学生ローンの中小消費者金融は、提携ATMはほぼありません。返済は消費者金融会社の普通預金口座に振込で返済(振込手数料は自己負担)か、店頭窓口に行って支払う2パターンだけです。

また、借入に関しても銀行振込のみの対応になっているため、遅い時間にお金を借りたいと思っても、当日に借りることができません。

学生ローンの1番のデメリットは、この入出金の利便性の悪さなのです。

学生ローンと大手消費者金融ならどちらがいいのか?

総合的に見て、学生ローンと大手消費者金融であれば、圧倒的に大手消費者金融の方がサービス面などでおすすめと言えます。

大手消費者金融の場合、モビット以外は新規契約の人は30日間などの無利息サービスが付いており、借入も返済もセブン銀行・ローソ・Enetはどこでも提携していますので、いつでも借入・返済をすることが可能です。

金利重視で、それ以外の項目は気にならないと言う人は学生ローンを利用しても良いかもしれませんが、初回に30日間無利息が付いていないのは、大きなデメリットです。

アイシーローンは30日間無利息が付いていますが、金利は大手消費者金融と同じなので、アイシーローンを借りるメリットがありません。

ちなみに、お金借りる場合、総量規制が絶対的に関わってきます。学生ローンで限度額最高50万円と書いてあっても、50万円借りるなら年収は最低でも150万円以上が必要になります。

学生の人で年収150万円無い人は、50万円を借りることは無理なので、覚えておきましょう。

北日本銀行カードローン「アスモ」は学生でも借りれるのか?

東北地方岩手県には第二地銀が1行ありますが、それが北日本銀行です。

第二地銀ではありますが、同じ岩手県の地方銀行である東北銀行よりはるかに規模は大きくなっています。

青森県と秋田県には第二地銀が無いので、北東北地方で唯一の第二地銀になります。北日本銀行には「アスモ」というカードローンがあります。

北日本銀行カードローンアスモの利用条件は?

利用条件は北日本銀行の営業エリア内に在住か、勤務して定期収入があれば良く、パート・アルバイトの他、年金生活者も利用でき、専業主婦でも配偶者に安定収入があれば借入が可能です。

ただ、パート・アルバイト、年金生活者、専業主婦は利用限度額が30万円までに限定されます。

なお、利用限度額が100万円までは収入証明書は不要です。申込は一般的なカードローン同様、ホームページや電話、FAX、郵送、店頭窓口から行えますが、アスモはその他、北日本銀行のATMからも申込ができるようになっています。

貸出限度額は500万円、金利は4.5~14.8%ですが、適用される金利は審査によって決められます。

金利の内容は利用限度額100万円以下が7.0%・10.0%・14.8%、100万円超200万円以下が6.5%・9.5%、200万円超300万円以下が6.0%・9.0%、300万円超400万円以下が5.0%・8.0%、400万円超500万円以下が4.5%・7.5%となっています。

低い方の金利に設定された場合はかなりお得な金利になります。

審査には再審査制度が備わっており、最初の審査は保証会社のきたぎんユーシーで行いますが、審査に通らなかった場合は保証会社をオリエントコーポレーションやSMBCコンシューマーファイナンスに換えて、2社同時に同一の申込内容で再審査を行うことができます。

借入は北日本銀行及び提携金融機関のATMを利用する方法と、インターネットバンキングから北日本銀行口座に振り込んでもらう方法があります。

約定返済は北日本銀行口座からの引き落としになりますが、引き落とし日は6日・16日・26日の中から都合の良い日を選択できます。

約定返済額は借入残高が10万円以下の場合に2千円で、以降借入残高が50万円までは残高が10万円増えるごとに約定返済額が2千円ずつアップします。

そして、50万円超100万円以下は2万円になり、以降残高が100万円増えるごとに約定返済額が1万円ずつアップします。なお、任意返済として、ATMや店頭窓口、ネットバンキングから入金ができます。

ところで、アスモには自動融資サービスがセットされており、ATMからの引き出し時、または公共料金やクレジットカード利用代金の決済時に口座残高が不足していた場合は、不足額がアスモから自動融資されます。

北日本銀行カードローンの利用条件には、学生可とは明記されていませんが、安定収入があって20歳以上なら学生でも借りれれる可能性は充分にあります。

しかし、地銀デメリットの営業エリア内に住んでいるか、勤務の条件がありますので、遠方からの申込みには対応していません。

学生がお金を借りる限度額ってどれぐらいなの?

学生の人がお金を借りたいと思ったとき、いくらぐらい借りれるのか知っていますか?

いきなり100万円とか、それ以上借りれると思っているなら大きな間違いです。まず、知っておきたいのは総量規制です。

学生が貸金業者(消費者金融やクレジットカード会社など)からお金を借りれるのは、年収の3分の1までです。これは学生に限ったことでもなく、貸金業者(預金ができない金融機関はほとんどが貸金業者です)は貸金業法によって年収の3分の1までしか融資をしてないけない法律になっているのです。

学生でも年収500万円とか、1,000万円ある人は全然問題ありませんが、そんな学生はほとんどいないでしょう。

多くの学生は飲食店などのアルバイトをしていて、月の給料が多くて13万円とかではないでしょうか?年収が156万円だった場合、最大でも52万円、貸付限度額は10万円単位なので、50万円が借りれる最高の限度額なのです。

これは1社から借りれるMAX限度額ではありません。貴方自身が借りれる最高限度なので、仮にA社から30万円借りていた場合、他の貸金業者から借りれる残りの金額は最高でも20万円なのです。

もしバイト代が月々税込み10万円だったとしたら、年収は税込み120万円になります。その場合は最高でも40万円になります。

年収証明が無い学生はどうすればいいのか?

バイトを初めてまだ3ヶ月や半年の場合、給料明細はあるけど、年収を証明できる門が無い学生は多いと思います。

消費者金融などの貸金業者のカードローンでは年収の3分の1までと説明しましたが、収入証明書は借入額が50万円以下で他社との借入合計が100万円以下であれば、基本的には提出しなくても大丈夫です。

審査で不審な点などがあれば、その条件以下でも提出を求められる場合がありますが、学生の人で50万円以下の希望額で申込みすれば、ほぼ収入証明書の提出は言われません。

仮に年収証明の提出を求められた場合でも、直近の給料明細2ヶ月分を出せば大丈夫です。2ヶ月の給料の平均を出し、その12ヶ月分を年収として貸金業者は判断します。

そのため、源泉徴収票や所得証明が無くとも、給料明細2ヶ月分でOKです。1ヶ月分の給料明細しか無い人は、一度審査担当者に確認してみましょう。1ヶ月分でもOKになる場合もありますし、審査ができないと断られる場合もあります。

学生は限度額50万円以上は借りれないの?

もし、年収が300万円ある学生がいて、100万円希望で審査をした場合、学生でどれくらい借りれるのか?

基本的に学生は与信が低いです。というのも、本業は学業でありますから、普通の会社員に比べて返済能力が低いからです。そのため最初からいきなり50万円を借りれるのは無理だと思っていてください。

仮に総量規制を取っ払ったとしても、最初新規で借りれるカードローン限度額は、最高でも30万円でしょう。いきなり50万円はかなりハードルが高く、無理と思っておいた方が無難です。

また貸金業者では無い、銀行カードローンも学生に融資を行っているところがあります。有名なところで言えば、三菱UFJ銀行カードローンバンクイックです。

しかし、バンクイックでは学生は限度額10万円までとなっています。他の銀行カードローンでも学生は30万円までなどと決められています

学生が払えなくなった時、多くは親が代払いするケースが多く、清算能力は高いと判断されているのですが、どうしても返済能力的に低いので、新規の限度額設定は低くなるのです。

限度額を大きくするなら、半年~1年かけて増額をしていくしか方法は無いでしょう。